「ボーカロイド音楽」のいま

「ボーカロイド音楽」のいま

  • 物販商品(自宅から発送)
    あんしんBOOTHパックで配送予定
    default
    ¥ 1,000
お一人様
5
個まで

 2014年と2015年のVOCALOID音楽シーンは、「氷河期」や「焼け野原」と形容されるほど冷ややかだった。そうした前年までの状況を覆すかのように、2016年になってからは再生回数が急激に増え、話題になる作品がいくつも現れた。なぜ2016年のVOCALOID音楽シーンはそうであったのか、また2016年はどのような年であったのか。VOCALOIDのライブラリや曲の制作者、音楽ジャンル、ランキング、クラブイベント、ニュースなど、様々な視点から2016年のVOCALOID音楽シーンの分析を試みました。 ▼目次 ・しま / 2016年VOCALOID音楽シーンのはじまり ・しま / 結月ゆかりの大躍進 ・しま / UTAUの進化と巨大化 ・しま / 聴衆を惹きつける自己プロデュース術 ・しろばなさん / ピノキオピー:2周目の初音ミクと人間 ・かくしか / Orangestarとn-buna  -若手2大ボカロPはなぜ若年層に人気なのか- ・サギシ / 2016年のVOCALOID-HIP HOP ・サギシ / VOCALO-POEMLOIDの表現詩 ・しま / VOCAJAZZにみるタグ付けによる市場の変化 ・あるか / ぼからんで見る「2016年」という時代 ・ヒッキーP / 広告に侵蝕されたVOCALOIDカテゴリランキング ・ヒッキーP / 「素人の曲である」という下駄が無になった世界 ・SR-Σ / クラバーから見た2016年のボカクラ ・しま、NAT / ニュースで振り返るVOCALOID関連の新しい動き ▼形式 A5版サイズ、全104Pになります。 ※電子書籍版はこちら https://www.amazon.co.jp/dp/B06WVGC65S/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_hv.gAb9Y3NPXT

 2014年と2015年のVOCALOID音楽シーンは、「氷河期」や「焼け野原」と形容されるほど冷ややかだった。そうした前年までの状況を覆すかのように、2016年になってからは再生回数が急激に増え、話題になる作品がいくつも現れた。なぜ2016年のVOCALOID音楽シーンはそうであったのか、また2016年はどのような年であったのか。VOCALOIDのライブラリや曲の制作者、音楽ジャンル、ランキング、クラブイベント、ニュースなど、様々な視点から2016年のVOCALOID音楽シーンの分析を試みました。 ▼目次 ・しま / 2016年VOCALOID音楽シーンのはじまり ・しま / 結月ゆかりの大躍進 ・しま / UTAUの進化と巨大化 ・しま / 聴衆を惹きつける自己プロデュース術 ・しろばなさん / ピノキオピー:2周目の初音ミクと人間 ・かくしか / Orangestarとn-buna  -若手2大ボカロPはなぜ若年層に人気なのか- ・サギシ / 2016年のVOCALOID-HIP HOP ・サギシ / VOCALO-POEMLOIDの表現詩 ・しま / VOCAJAZZにみるタグ付けによる市場の変化 ・あるか / ぼからんで見る「2016年」という時代 ・ヒッキーP / 広告に侵蝕されたVOCALOIDカテゴリランキング ・ヒッキーP / 「素人の曲である」という下駄が無になった世界 ・SR-Σ / クラバーから見た2016年のボカクラ ・しま、NAT / ニュースで振り返るVOCALOID関連の新しい動き ▼形式 A5版サイズ、全104Pになります。 ※電子書籍版はこちら https://www.amazon.co.jp/dp/B06WVGC65S/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_hv.gAb9Y3NPXT